モビットは週末の土日でも審査回答対応で、ローン申込機利用なら借り入れも可能です。

平日も土日もモビットで借りる

プロミス審査前に

カードローンやキャッシングのモビットは、平日だけでなく土日も審査対応を行っており、ネットでの申し込みからのローン申込機を利用するカード受け取りであれば、週末の土曜や日曜でも最短即日融資も可能です。

ローン申込機ならカード発行までの手続きも早く、予めネットで審査を完了させておけば更にスピーディに借りられるようになりますので、土日だけでなく、平日にも素早くモビットから借りたい方は、ネット審査完了後のローン申込機利用を考えてみると良いでしょう。

また、モビットではなるべく早くに借りたい、それでもローン申込機に行くのは抵抗がある方のために、来店不要での即日融資も可能としています。ローン申込機を利用しない来店不要の即日キャッシングの場合には、平日14:50までに振り込み手続きを完了させる必要がありますので、曜日や時間の制限が厳しくなってしまいます。

審査の結果によってはご希望に沿えない場合もありますが、時間が間に合えば来店不要で最短当日中の借り入れも可能となるのは、モビットでの初めてのキャッシングの際にも大きく安心が出来るポイントであると言えるでしょう。

急ぎの方のために、モビットの借り入れ条件まですぐにスクロール出来るようにしました。とにかく早くに借りたい、申し込みをして審査の結果を知りたい方は、先にチェックをしておくのも良いでしょう。

モビットだけのWeb完結に注目

モビットでは他社には無いキャッシングの利用方法があります。通常のWeb申し込みとは別に用意された「Web完結」であり、その名の通り手続きがWeb上で完結する借り方となります。

申し込みも連絡も借り入れも返済もWeb上で済ませるため、Web以外での手続きが原則不要です。つまり、電話や郵便物も無いキャッシングも可能であり、会社への電話連絡や、自宅への契約書類などの郵送物も無いのです。

カード自体も発行されないカードレスのキャッシング契約となるため、契約後にモビットカードを見られて借り入れがバレてしまうこともなく、内緒のキャッシング利用に適しています。

ただし、Web完結は通常のWeb申し込みキャッシングよりも、手続きの際の必要条件や必要書類が増えてしまいます。しっかりと確認をしておかないとWeb完結によるキャッシング利用が出来なくなってしまいますので、以下を参考に、詳しくはモビット公式サイトでご確認下さい。

Web完結で必要となる条件

  • 指定の何れかの本人名義の銀行口座

カードレスのキャッシングのため、借り入れや返済をするための指定金融機関の口座が必要となります。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の申込者本人名義の普通預金口座となり、何れかの口座をお持ちで無い方はWeb完結での手続きが出来ません。

  • 勤務先を確認するための保険証

会社への電話連絡が無いモビットのWeb完結では、社会保険証や組合保険証の提示が必須となります。電話の連絡をしない代わりに保険証で勤務をしている実態を確認するものとなり、交付を受けていない方はWeb完結での申し込みが出来ません。

  • 現在の所得を証明する書類が必要

様々な書類が認められていますが、最も手軽で適しているのが直近2か月分の給与明細です。源泉徴収票などでも代用は可能ですが、所得を証明する書類として給与明細以外を提出した場合には、直近1か月分の給与明細は別途必ず提出をしなければなりません。

必要書類をなるべく少なくするなら

モビットのWeb完結では、所得の証明を何らかの書類で行ったとしても、給与明細は必ず提出をしなければなりません。そのため、Web完結での手続きを無駄なく進めるのであれば、上記の何れかの銀行口座、社会(組合)保険証、直近2か月分の給与明細、可能であれば直近1年分の賞与明細としておくと用意すべき書類も最小限に抑えられるのです。

所得証明書類はモビットでは必須

通常のWeb申し込みであれば、指定の銀行口座や社会保険証は必ずしも必要ではありませんが、所得証明書類については利用金額問わずにモビットでは必須となります。他社では50万円以上、または合計借り入れ金額が100万円以上にならなければ不要とするところが多いですが、モビットでは金額問わずに必須ですので注意しましょう。

モビットでキャッシングを利用する

モビット
公式サイトで詳細を見る
第0位

モビット

★★★★★

Web完結なら電話無し、郵便物無しの、内緒で秘密で借りたい方に適するキャッシングとなります。

実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.8%~18.0%1~500万円10秒事前審査最短即日
他社のキャッシングと異なり、Web完結なら電話も郵便物も無しで借りられるので、会社への電話連絡が困ると考える方でも、モビットなら安心して借りられます。また、当日中の融資は来店不要の銀行振り込みなら14:50までの手続きが必要となり、時間外の扱いとなった場合には翌営業日以降の振り込み対応となります。
※審査結果によってはご希望に沿えない場合もあります。

モビットではパートやアルバイトの方でも、安定収入を得ていれば申し込みが可能です。利用にあたっての年収制限は設けられていませんので、極端に少ない収入、不安定な所得の方を除いて、安定した収入があればOKです。

モビットの幅広い用途

モビットから借りたお金は、日々の暮らしに使う生活費としての利用だけでなく、借り換えやおまとめとしても使えるようになっています。複数のキャッシング利用がある方は1社にまとめた方が返済が楽になりますので、モビットをおまとめとして使う借り方も考えてみると良いでしょう。

▼商品としての「おまとめローン」は存在しない

  • 借りたお金を一本化に使う

モビットでは商品として「おまとめローン」の提供をしているわけではありません。借りたお金は利用者の目的に合わせて使えるため、他社からの借り換えやおまとめによる一本化として使っても良いのです。おまとめ目的であるとしても申し込みは通常のWeb上での手続きで良いので、難しく考える必要はありません。

モビットの審査前に必ず確認

幅広い用途で便利なモビットも、申し込みをする際には確認をしておきたい点があります。最低限の確認事項を知らずに審査を受けても、借りられる可能性は限りなくゼロに近くなります。無駄な審査を受けてしまうのは信用情報の面で見ても良いことは何もありませんので、焦って申し込みをするのではなく、落ち着いて以下の項目を確認して下さい。

  • 現在の年収と借り入れ状況

ご存知の方も多いかと思いますが、現在の貸金業者からのキャッシング利用には総量規制がかかりますので、年収の3分の1以上の借り入れを抱えている方は、モビットの審査も非常に厳しくなります。

  • 現状の返済が出来ていない方

他社の利用は総量規制にかからなければ許容される可能性もありますが、モビットの審査を受ける時点で返済が遅れていたり、または不足入金となっている場合には、審査に通る可能性はほぼありません。

▼多くの業者に申し込みはしないようにしたい

  • 多重審査はモビットでは嫌う傾向

どうしても借りたい、すぐにお金が必要と焦ってしまうと、複数の業者に同時に申し込みをし、どこかの審査は通るだろうと考える方がいます。しかし、多重審査はモビットのような大手の業者では嫌う傾向にあり、信用情報機関を通して確認する申し込み履歴が蓄積されていると、審査では大きなマイナス要素となってしまうのです。

ネットでの手続きの注意点

昔のように契約機や店頭での審査となれば、物理的に申し込みを同時に行うことは不可能でした。しかし、現在はネットからすぐに申し込めるため、受けようと思えば何社も同時に審査が受けられてしまうのです。

下手な鉄砲も~と言われるように、多くの業者の審査を受ければ1社ぐらいは通るかと期待をしてしまうものですが、多重審査は全滅となる可能性が高い非常に危険な手続きの仕方となります。

具体的に何社までとする線引きはありませんが、審査で不利になると分かっている以上は、モビットと他のキャッシングに同時に申し込むのは、たとえ1社であるとしても控えるべきでしょう。

モビット審査通過後には

モビットの審査に通れば契約となり、晴れてお金が借りられるようになります。住宅ローンやマイカーローンなどとは異なり、モビットは定められた限度額の範囲内なら繰り返し自由に借りられるようになっており、完済後であっても解約をせずに限度額を持っておけば、お金に困ったときにはすぐに借りられます。

もちろん再審査なども不要で借りられるので、初回の契約をして返済をしっかりとして限度額を保っておけば、今後も役立つキャッシング利用が出来るのです。

しかし、返済に関するトラブルを起こしてしまったり、他社の借り入れを極端に増やしてしまったりすると、限度額の減額がされる場合もあります。せっかく契約をしたのに減額がされてしまって借りられなくなるのは不便ですので、モビットを利用する際には計画的に、適度な借り入れに留めるようにしましょう。

トップへ戻る